奥尻島のアートな公園「北追岬公園」

北海道の離島、宝の島「奥尻島」はなべつる岩など自然が生んだ景勝地が多いんですが、明らかに人の手による謎の公園を奥尻マニアは発見しました。

場所はフェリーターミナルからちょうど反対側。神威脇漁港近くにある北追岬公園。

ここはその昔、北方領土の国後島を追われた人々がたどり着いた岬とされており、いまだ帰れない故郷への想いを彫刻家流政之氏が作品にした彫刻が展示されている公園です。

そう言われれば、冒頭の写真も遠く故郷を思う3人に見える・・・かも。(作品名は「北追岬」です)

この公園をそうとは知らずに足を踏み入れた奥尻マニア。

入口にある看板のMAPをなんとなく覚えて歩いていると目の前には不思議なオブジェが。

何に見えますか?

これは「はぐれ鳥」。国後からはぐれた鳥をあらわしているのでしょうか・・・

結構広い公園。

「ちょっと寄ろうか」

そんな軽い気持ちとは裏腹に道は続きます。

すると・・・

?なんだあれは?

これは「よくきたさ」。ええきました。きましたとも。

「回転が原」。どうやら公園の端っこのようです。

気づくと見下ろしたところにも彫刻が確認できます。

わかりづらいんですが細い赤丸(2つ)に彫刻らしきものが・・・と、遠い・・・

ここで奥尻マニアの公園散策は終了です。(汗)

次またきたときの楽しみに。

この北追岬公園はキャンプ場としても機能してます。

また、パークゴルフ場も今年オープン!島の風と作品を楽しみながらアートに触れてみてはいかがでしょうか。

北追岬公園

奥尻町字湯浜

167,107平方メートル

(奥尻町HPより)

http://www.town.okushiri.lg.jp/

流政之HP

http://www.nagaremasayuki.com/

zp8497586rq

奥尻情報WEBマガジン|奥尻マニア © 2018 All Rights Reserved

奥尻マニアは、北海道の離島・奥尻島の観光から宿泊、海の幸(ウニ・アワビ)・山の幸等の情報を配信するWEBマガジンです。