[奥尻島観光協会]島春のおとずれ・・・

ストーブがなかなか片づけられない奥尻マニア編集員です。

札幌はまだまだ肌寒い日が続きますね。

北海道の宝の島、奥尻島からは春のおいしい風物詩「キトビロ」の便りが入ってきました。

「キトビロ」?

春先の奥尻の宿に泊まると必ずと言っていいほど出てくるあれです^^

ジンギスカンに最適!!

以下、奥尻島観光協会HPより

—————————————–

奥尻島の春といえば草木や花、そして「キトビロ」。 そんな奥尻島のキトビロ(行者ニンニク)島の人は言う。 今日はキトビロを島では家の周りに自生させ少しづつ増やしている様子をパシャリ。

畑には何か所かに分けて植えてあり場所によって成長具合がちがってるんだなー

こちらは一角に集中して生えそろってきてました。(養殖?)

でも最近の奥尻島は気温も少しずつ上昇してきているのでキトビロの収穫時期はそろそろ

終わりなのかなー?じゃまた。

奥尻島観光協会HP
adobe creative suite student

http://unimaru.com/?p=15442

zp8497586rq

奥尻情報WEBマガジン|奥尻マニア © 2018 All Rights Reserved

奥尻マニアは、北海道の離島・奥尻島の観光から宿泊、海の幸(ウニ・アワビ)・山の幸等の情報を配信するWEBマガジンです。