[奥尻島観光協会]稲穂ふれあい研修センターにて宮津小学校の1年生と。

北海道の離島、宝の島「奥尻島」は海の幸、山の幸から原生ブナ林などいろんな宝のある文字通りの宝の島です。

でも島一番の宝といえばやはり子供たちじゃないでしょうか。

奥尻島から、そんな子供たちのほほえましいお便りが届きました。

島の大自然で健やかに育つ子供たちの様子です。

以下、奥尻島観光協会HPより

本日(7月4日)、稲穂ふれあい研修センターで土器作りが行われました。

宮津小学校の1年生が一生懸命、土器作りをしました。

完成が楽しみですね!

土器作りをした後に海岸へ移動しています。


adobe creative suite upgrade
稲穂海岸では宮津小学校の子供達が遊び、お弁当を食べて、ゴミ拾いを行いました。

海の漂流物が海岸に漂着することが多く、海岸にゴミが溜まってしまうことがあります。

ゴミを拾ってくれたおかげで海岸が綺麗になりました!

道中に咲いていたハマヒルガオです。

稲穂地区にもまだまだ花が咲いてきます!楽しみが増えますね!

奥尻島観光協会HP

http://unimaru.com/?p=7407

765qwerty765

奥尻情報WEBマガジン|奥尻マニア © 2018 All Rights Reserved

奥尻マニアは、北海道の離島・奥尻島の観光から宿泊、海の幸(ウニ・アワビ)・山の幸等の情報を配信するWEBマガジンです。