いよいよ観光シーズン到来!島びらきに行ってきた!② ~瀬棚港からフェリーで奥尻港を目指すフェリー編~

札幌から4時間半、バスに揺られてたどり着いたのは瀬棚港フェリータミナル。

5月1日より奥尻~瀬棚間のフェリー就航にあわせ、奥尻でひらかれる「島びらき」というお祭りに参加するため取材班は札幌から瀬棚港まで銀嶺バスせたな号でやってきました。

ここまでくれば北海道の離島、宝の島「奥尻島」はもう目の前です。

奥尻島へ渡るため、我々取材班はこれからフェリーへと乗り込みます。

海の玄関、瀬棚港フェリーターミナル。

フェリーターミナルに着いたらまずは乗船手続きです。

利用する客室にもよりますが、遅くとも30分までの手続きが必要ですので十分に余裕をもったスケジュールがおススメです。

乗船手続きを済ませたら船が来るのを待ちます。

取材班はターミナル2階のソファに座ってバス移動の疲れを癒していると、

「ボォォォォ…」

奥尻からのフェリーがやってきました!

今年初の瀬棚港入りです!

フェリーの接岸作業が期待感をあおります。

この日は瀬棚~奥尻間運航開始ということでセレモニーが行われました。

セレモニーが終わり、いよいよ乗船!

瀬棚の方々に見守られ船は静かに港を離れます。

港を離れるとあとは奥尻到着を待つだけ!

美味しい海の幸とお酒、そして温かい島の人たちにもうすぐ会えます!

そういえば、フェリーに乗るときにあると楽しいのが「かっぱえびせん」。

これは、カモメたちの大好物なんです!

これがあると船に乗ってる間、カモメたちと遊ぶことができるんです。

カモメ来るかな?・・・来たっ!

そんなこんなしていると、遠くに奥尻島が見えてきました!!

遠くに見えるのは賽の河原公園と灯台。

海から見る宮津弁天宮もまた見ごたえがあります。

奥尻港が近づくと「チリンチリン、チリンチリン」

島の子供がフェリーになのかカモメになのか、自転車のベルを鳴らしてました。

さあ、いよいよ奥尻港に入港です!

「おかえりなさーーーーーい!!」

おおきな声が聞こえてきました。

5月1日の「島びらき」。

奥尻港フェリーターミナルでは会場が作られ、島の皆さんが島へ訪れる人を心からお迎えする日。

私は7か月我慢してやっと奥尻に来れるこの瞬間がたまらく大好きです。

美味しいお酒、おいしい海の幸が用意され、島のウェルカムパーティーがこれから始まります。college essay writing services
cell phone spying
この島びらきについては、また改めてご報告いたします!

765qwerty765
765qwerty765

奥尻情報WEBマガジン|奥尻マニア © 2018 All Rights Reserved

奥尻マニアは、北海道の離島・奥尻島の観光から宿泊、海の幸(ウニ・アワビ)・山の幸等の情報を配信するWEBマガジンです。