なぜ奥尻島で食べるウニは美味いのか?

北海道の離島 宝の島「奥尻島」で一度試してほしいのが「ウニ」。

5月から8月にかけて島で獲れたムラサキウニは絶品です。

北海道で「ウニ」といえば白っぽい「ムラサキウニ」と「バフンウニ」の2種類が有名です。

バフンウニは味が濃厚とされ、ムラサキウニは淡白とされてます。

しかし乱獲のためバフンウニの数が減り価格もバフンウニのほうが高めとなってます。

自分も幼少期はよく海水浴できた海でウニを拾って食べてたんですがこの場合大抵はムラサキウニでした。

また一般的に流通しているウニは身崩れを防ぐためミョウバンを使ってたり、「海水うに」といって塩水につけてるものもがあります。

いずれも、ウニそのものの味とは呼べず、やはりあのトゲトゲの中からむいたオレンジ色を食すのが一番です。

話は戻りますが奥尻で食べれるウニはほとんどがムラサキウニです。

しかもウニ漁は1年のうちで5月から8月末までと限られています。

逆に言えば、この時期の奥尻は「獲れたて」「むきたて」のムラサキウニを楽しむことができます。

もちろん観光で来た場合、民宿で豪快に振舞われます。

奥尻のムラサキウニはバフンウニとは違った上品なコクと甘味を備えており、刺身でよし、鍋に入れてもよしと季節の食卓を賑わせます。

奥尻のウニはまさに島の宝。

みなさんも是非一度、通販や街のお寿司屋さんや高級料亭なんかで味わえれない絶品ウニをお試しあれ。

zp8497586rq

奥尻情報WEBマガジン|奥尻マニア © 2018 All Rights Reserved

奥尻マニアは、北海道の離島・奥尻島の観光から宿泊、海の幸(ウニ・アワビ)・山の幸等の情報を配信するWEBマガジンです。